お仏壇・墓石

立ち華葬祭では、「はせがわのお店川越店」と提携し、葬儀のみではなく仏壇やお位牌、お墓の様々なことにもご相談にのらせていただいております。お気軽にご相談くださいませ。

仏壇について

お仏壇は大切だった亡き人やご先祖様を供養するためにまつります。
それと同時に、仏さま(ご本尊)をおまつりして仏教の教えに触れることも、お仏壇をまつる大切な目的です。
身近な人が亡くなったときは、四十九日までに宗派に合わせた仏壇を準備します。宗派により異なった仏具が必要になりますので、それもセットで予算を立てます。
最近は仏間がない家がほとんどですが、仏壇にもいろいろなバリエーションがございます。お気軽にご相談ください。

位牌について

葬儀のときの白木の位牌は仮のものですから、四十九日法要までに本位牌を準備します。
位牌の表には戒名、亡くなった年月日、裏には俗名、行年(享年)を入れます。
戒名入れの手法には、機械彫り文字と手書き文字があります。文字入れに2週間位かかるので、お早めにご依頼ください。

お墓について

お墓には「家族のきずなを確認しあう場所」という大切な役割があります。
ご家族が気持ち良く集って故人を偲ぶことができる、そういうお墓をお選びください。